切手買取は金券ショップ?

MENU

切手買取は金券ショップ?

以前買った切手をどうしよう、昔は切手収集が趣味だったけれどそろそろ処分しよう、身内が集めていた切手を処分したい…というとき「切手」ってどうしたらいいのだろう?と思ったことはありませんか。
買うときは郵便局、もしくは郵便物を取り扱っているコンビニですが、売るときはどうしたらいいのでしょう。
郵便局では切手を売ってはくれますが、不要になった切手は他の切手やはがきとの交換のみとなります。
新しい切手が欲しいわけでもなく、換金したいだけ。そういうときはどうしたらいいのでしょうか。

 

切手を現金にしてもらうには?

現金

 

切手を換金する方法として、主なものは下記の通りです。

  • 金券ショップにて買い取ってもらう。
  • 切手専門店の買い取り業者に依頼する。
  • ネットオークションに出品する。

 

つまり、金券ショップでの切手買取は可能です。
商品券やビール券、新幹線の切符などの金券を買い取って販売する金券ショップにとって、切手も同様に金券扱いとなります。
ただ、金券ショップは店頭で実際の販売価格より安く金券を販売するのが金券ショップなので、もちろん買取価格は額面より低くなります。

 

また、切手を専門で扱う業者ではないため、コレクターにとっては価値のあるプレミア記念切手であっても、その価値を分かってもらえないこともあるのが難点です。

 

どちらかというと実用的な郵便切手として需要があるかどうかの方が求められるため、額面の大きな切手であるか、100枚以上の切手シートなどのほうが需要が高いんだとか。
金券ショップで換金する際は事前に需要のある切手を確認して郵便局で交換してから持っていくという人もいるんだそうです。

切手専門店に依頼をする

専門店へ依頼

 

切手専門店とは、その名の通り切手だけを買取って販売しているお店です。
金券ショップとは違い、それ専門となるので「これって売れるの?」と思っている切手でも買い取ってもらえることが多いようです。
ただ、査定金額に関しては通常切手だと金券ショップとは変わらないみたいです。
記念切手に関しても多く流通しているものは通常切手とは変わりません。実際に未使用のまま所持していて同様に査定に出すという人が多いためだそうです。

 

しかし、美術品切手や昭和30年以前の戦前・戦後間もない切手などプレミアム対象となる切手もあります。これに関しては額面以上の買取価格となることもあるようです。
プレミアム切手は金券ショップでは知識がないと見過ごされてしまうことが多いので、切手専門店にお願いした方がいいでしょう。

 

また、保存状態の条件などお店によって買取り額が変わるため、複数のお店に査定してもらうのがお勧めなんだそうです。

ネットオークションに出品する

オークション

 

今でこそ切手収集を趣味にしているという声は中々耳にしなくなりましたが、それでも熱心なコレクターはいるものです。
ヤフーオークションなどを見てみると、出品されている切手が額面以上の価格で取引されていることもあります。
コレクターにとっては消印がついている切手であったり、エラー切手、中国などの海外切手など、興味がない人間にとっては価値がわからないものでも、絶対に欲しい!と思うアイテムがあります。
実際に海外切手は金券ショップでは買い取ってもらえないことがほとんどなので、オークションの方が売りやすい切手が多いことも事実です。国内の切手であっても、1964年東京オリンピック記念切手なども金券ショップや切手専門店などに査定に出すよりもオークションの方が高値がつくこともあります。

 

また、この記念切手は未使用で手元に残している人が多いため、1964年に実際に使用した消印がついているものだと更に価値が上がるんだとか。記念切手が発行された初日の印がついているものは高額取引になるということもあるようです。

 

ただ、もちろんこれはオークションに出してみないとどれくらいの価値がつくかわかりません。タイミングを見極めたり、根気が必要だったりします。また、恐らくは買い手が熱心なコレクターの方になると思うので、発送の際に折れてしまったり汚れたりしないように梱包に注意しましょう。

最近はネット買取業者がお勧め!?

パソコンで調べる女性

 

その他、切手買取専門店の中でもネットでの買い取り業者さんもいます。
「切手」「買取」といったキーワードで調べるとインターネットで検索してみると、色々な業者さんが出てきます。

 

多くは金券ショップが「切手も買い取ります」というものになりますが、その中でも切手を専門に扱っていたり、切手の買取を強化しているというショップもあります。
ネットでの買取業者によっては店舗への持ち込みでの買取もあれば、郵送買取、出張買取というものがあります。場所によって店舗へ持ち込むことも出張の範囲でないこともあるので、自分にあった買取方法が選べるのも嬉しいポイントの一つです。

 

また、ネット買取業者の中には店舗をもたないショップもあります。そのためか、買取可能な切手の種類も違い、海外切手などオークションでしか売れないかな…と思っているようなものも買取可能な場合があります。
こういった業者さんのサイトには大体の査定目安や高額買取可能な切手の種類が掲載されているのもありがたいですよね。
時期によっては特定の切手の高額買取査定を行っていることもあるので、ぜひチェックしてみてください。

 

ネットでの買取業者は金券ショップなどとは違ってバラになっている切手でもしっかり査定してもらえたり、郵送だからと言って面倒な仕分けをしなくてもいいので、実際にお手軽さや買取価格を考えるとお勧めです。
その業者が信頼できる場所なのかどうか?というポイントもあるのでサイトがしっかりしているかどうかや、お問い合わせ時の対応などを確認しながら検討してみてください。

 

切手は1つ1つの価格がそんなに高くない分、1枚で高額な査定が出るものは金券ショップでも切手専門店でもネット買取業者でも珍しいのが現状です。
手元にある切手の種類を見てみて、自分にあった買取方法を見つけてくださいね。